婚活サイト、お見合いパーティー、結婚相談所…どうすればいいの?

さあ、婚活をしよう!と思い立っても、そのやり方はいろいろ。どのアプローチで婚活をすれば、成功させやすいのでしょうか。
婚活は、就活と名前が似ていますが、やっている内容は全然違います。就活は、就職という結果に結びつけるためのおこなう活動で、婚活は一生の問題である、結婚相手と出会うための活動です。就活は、自分との戦いである面が大きい反面、婚活は相手とのコミュニケーションの問題が大きい活動です。
どのアプローチで攻めるのかが、成功にかかわってくるでしょう。


-やみくもに出会うことを目的に婚活サイトを使うべきではない-

出会いの数が増えれば、それだけ結婚できる可能性も増えると思ってしまいがちですが、そうではありません。
やみくもに出会うだけでは、失敗してしまう数も増えてしまうので婚活に対して、苦手意識が生まれてしまいます。
婚活サイトや、街コンなどでやみくもに異性と出会うのではなく、しっかりした準備をしたうえで、しっかりと目的意識を持って臨むべきです。


-婚活に成功するのは一度でいい-

就活や、転職活動は、人生のうち何度も経験する人もいるかもしれませんが、婚活のゴールは結婚ですから、たった一度の成功だけで、婚活は大成功なのです。
その成功に導くものはなんなのでしょうか。「運命」「運」などと言っては身も蓋もありませんから、少しでも成功に近づけられるように努力をするべきです。
自分の身だしなみなどを磨くのは当然のこととしても、利用する婚活サイトを口コミ情報をもとにしっかり選ぶ、お見合いパーティなどの種類、参加人数を細かくチェックするなど事前準備を怠らないことがコツです。


-自分をしっかり見つめ直して-

結婚市場において大切な要素があります。それは「自己分析」です。自分はどのような立場に立っているのか。どういう立ち振る舞いが求められているのか。それに近づけるのにはどういった努力が求められるのか。など。
婚活に失敗した人は、婚活サイトに載せる情報などがとんちんかんであったり、自分のことを正しく理解できていない人が多くいました。「ありのまま」で良いのは若い人だけです。もしあなたが年をそこそこ経ていて、ある程度の工夫を凝らした婚活を求められているとしたら、一回自分のことを見つめおす機会が必要です。
焦りは禁物です。たった一回の成功のために、じっくりと準備をしてから婚活戦線にのぞみましょう。
ネガティブな情報と、ポジティブな理想をバランスよく頭に浮かべておきましょう。